★EXMサスペンションキットHONDAMAZDASUBARUTOYOTAMITSUBISHINISSANIMPORT CARSUZUKI★EXMバケットシートHONDAMAZDASUBARUTOYOTANISSANLOTUS
コムドライブで購入いただいた商品に関するみなさまの声を掲載します。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.27 Fri
photo

■お名前
ヤマティー さま

■装着車両
マツダ RX-8 タイプS

■車両
SE3P 平成16年式

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE "PHASER"/アスリーツオレンジ フェイザー

■サスペンション仕様
フロント:全長調整式、減衰調整式、ノーマルアッパー、ハイパコ仕様
リア:ネジ式スプリングシート、減衰調整式、ノーマルアッパー、ハイパコ仕様

【購入のきっかけ】
筑波サーキットをもっと速く走りたくなった。

【装着後の感想】
当たり前の話だが、サーキットを走るとノーマルのような怖さはない。年に2~3回位しか走らないのだがそれでもありがたみはわかる。普段は減衰力を前後9の硬さで乗っているが、EXMサスを入れた当初は前後1にして公道を走ったこともあった。流石に1ではサーキット専用。その後は無理をせず前5~9、後6~9位にして走行していた。公道はやはり9が一番いいようだ。峠道だと前5、後8。高速だと前後とも9がいい。しっとりと落ち着いて安定感は抜群だ。何故か外車と競争したくなる。
スポンサーサイト
MAZDA    Top↑
2011.10.27 Thu
photo

■お名前
YS8 さま

■装着車両
マツダ RX-8

■車両型式
SE3P 2005年式

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE/アスリーツオレンジ

■サスペンション仕様
フロント/リア:Cリング式

【購入のきっかけ】
もてぎのハンドリングクラブで山野さんに運転をして貰った時に、この車をいじるとしたらどこを考えるかどうか質問して、足回りの話題になりました。違うサスペンションを試してみたいとは自分でも考えていたところでもあったのですが、どこで何を選べばよいかの結論が出なかったのです。コムドライブさんで見て貰えるとのことで後日山野さんを訪ねて、お忙しいなか話しを聞いて貰いました。 ポイントは信頼性で、基本がエナペタル(ビルシュタイン)で山野さんに話しを聞いて貰ってスペック等を決め、コムドライブさんがセットしてくれるというところが特に魅力的でした。   

【装着後の感想】
しばらくの間はハイスピードコーナーリングなどで以前との違いに戸惑っていましたが、それでも乗り味がしっかりして、コーナーリングスピードが上がったと感じました。最近少しずつ自分が慣れてきたところかなというところで、まだまだ乗りこなしている状態には遠いと思いますが、比較的速度の遅いコーナーで滑らせた場合でもポテンザRE-11との関係が良いのか以前より不安感が少ないです。今以前の車に乗ったら、ロールの大きさその他で逆にびっくりしそうです。一般道の荒れた路面ではさすがに堅さを感じますが、運転者にとっては許容範囲であり、クローズドコースでの走りとの関係を考えると充分良い方だと考えています。
MAZDA    Top↑
2011.10.18 Tue
photo

■お名前
kenic-i さま

■装着車両
マツダ アテンザ スポーツワゴン23S

■車両型式
UA-GY3W

■サスペンションタイプ
URBAN BLUE/アーバンブルー

■サスペンション仕様
フロント:直切りネジ式 リア:固定式

【購入のきっかけ】
車高を下げるにあたり、過去に様々なメーカーの車高調を使用してきましたが、乗り心地等今まで何らかを犠牲にして乗ることを余儀なくされていました。そのため今回、純正サスペンションの乗り心地を維持しつつ、純正サスペンション装着時にある加減速時のノーズダイブやリフトアップ、コーナーリング時のロールを抑え、自分はもとより同乗者が快適なドライブを楽しめる足回りにしたいと思い山野さんに相談したところ、希望に近い物を作ることができるとおっしゃっていたので購入を決断しました。   

【装着後の感想】
自分が理想としていたとおり、純正サスペンションの乗り心地を維持しつつ、純正サスペンション装着時にある加減速時のノーズダイブやリフトアップが解消されました。またコーナーリング時のロールも抑えられており、コーナー進入時もワゴン特有のリアの重みを感じることなく車の挙動が安定しており、常に車が地面に吸い付いているような走りが実現されとても驚きました。今回、exmotionサスペンションキットを装着することで、車をドライブする楽しみが増すとともに、快適な乗り心地で走行することができ、ドライブしていても疲れ知らずの車になりました。(同乗した友人も乗り心地の良さに驚いていました!)サスペンションを製作するにあたり、山野さんとじっくり相談させて頂き、このような足回りを手に入れることができたことにとても感謝・感激しています!
MAZDA    Top↑
2011.10.13 Thu
photo

■お名前
T. H さま

■装着車両
ユーノス・ロードスターVスペシャル

■車両型式
NA6CE 1990年式

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE/アスリーツオレンジ

■サスペンション仕様
フロント/リア:Cリング式

【購入のきっかけ】
ハンドリングクラブに行っている際に、ショックアブソーバーの機能が著しく低下していることを指摘され足回りの変更を検討。自分の用途を考えて各メーカーのキットをみても種類がありすぎて判断がつかず、それなら自分の車も技量も知っている山野さんに頼んでオーダーメイドすることにしました。   

【装着後の感想】
8Kというバネは街乗りでは硬いはずと覚悟していましたが、実際に乗ってみると予想外に乗り心地が良くて驚きました。4倍弱の硬さのバネになったのに乗り心地はむしろUPしていました。やや振動に弱いメモリースティックのHVカメラを車載して撮影しましたが、画像の飛びなどもみられません。走りの面では一般道を走る限りは、ややアンダーが強くなったように思いましたが、サーキット等で走ると抜群に扱いやすく、まさにテクニック向上に適した足回りにセットアップされていて大変満足しております。装着から一年、1ウェイLSDやハイグリップタイヤを装着してみましたが充分対応してくれています。ハンドリングクラブにて山野さんに「去年のアレは何だったんだというくらい上手くなりましたね。」との嬉しいお言葉を頂きましたが、技術レベルがあがったのは、この足回りの力も大きいと思っております。
MAZDA    Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。