★EXMサスペンションキットHONDAMAZDASUBARUTOYOTAMITSUBISHINISSANIMPORT CARSUZUKI★EXMバケットシートHONDAMAZDASUBARUTOYOTANISSANLOTUS
コムドライブで購入いただいた商品に関するみなさまの声を掲載します。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10.24 Mon
CV用イヴォーク

■お名前
南谷 克哉 さま

■装着車両
Range Rover Evoque Coupe Dynamic

■車両型式
CBA-LV2A

■サスペンションタイプ
INTERSTATE SILVER spec.1/インターステイトシルバースペック1

■サスペンション仕様
フロント/リア:直切りネジ式、ノーマルアッパー

【購入のきっかけ】
元々、秀逸なデザインにひと目惚れで購入した2015年式のイヴォーク・クーペですから、何らそのスタイリングに不満はなかったのですが、ECJ(Evoque Club Japan 会員数295名)メンバーの中で車高調整しているイヴォークと見比べると心惹かれるものがありました。そんな矢先、平成28年9月に長野県清里で開催された第5回ECJ全国オフ会で山野氏に出会い、その人柄に魅かれ、山野氏がドライブするイヴォークデモカーの助手席で試乗する機会を得て、その素晴らしい乗り心地に魅せられてしまいました。

【装着について】
愛知県在住の私としては、取付けのために茨城県のコムドライブまで伺うのは躊躇していました。そこで、地元で日頃お世話になっていました欧州車のモディファイとメンテナンスのプロショップを介して、コムドライブから取り寄せていただき取り付けていただく事にしました。発注から装着まで約1ヶ月掛りました。コムドライブのスタッフの皆さんには電話等でいろいろご相談に乗っていただきました。

【装着後の感想】
まず、スタイリングですが、車高をフロント-30㎜、リア-40㎜ダウンさせたことで、究極のCity SUVというに相応しい、シェイプアップしたスタイリッシュで美しい姿になりました。加えて、小柄な私にとって乗り降りがスムーズになったことも嬉しいことでした。

ドライビングについては、一言でいえば「気持ちい~!、楽しい~!」です。(二言になっちゃいましたね?)今までもイヴォークの乗り心地に何一つ不満はなかったのですが、新たな強靭でしなやかな足を得たイヴォークのハンドリングは、まさに異次元のものでした。サスペンションを介してタイヤが路面をしっかりグリップしていることでハンドルも少し重くなりましたが、心地よい感触です。
高速道路での直進安定性も増し、少しラフな車線変更も全くふらつくこと無く、快適な高速走行を楽しむことができます。一般道においても、路面の凸凹をしなやかに吸収して、ノーマルよりフラットな乗り心地になりました。ドライビングの基本である「アクセルを踏む、ハンドルを切って曲がる。」この二つの動作が気持ち良くて、楽しくて、ワクワクさせてくれます。


スポンサーサイト
2013.08.08 Thu
photo
photo

■お名前
poteti☆ さま

■装着車両
SUBARU レガシィ ツーリングワゴン

■車両型式
BRM 2012年式(アプライドD)

■サスペンションタイプ
URBAN BLUE/アーバンブルー

■サスペンション仕様
フロント/リア:ノーマル形状、ノーマルアッパー

【購入のきっかけ】
雑誌やネットでの評判がとても良さそうであり製品のコンセプトに共感できたため。
またレガシィに他社製品を装置されている人の意見も参考に考えました。
様々なスバル車にお乗りになっていてレガシィのインプレッションも実施されている
山野選手のショップであることも決め手になりました。

【カスタムオーダー時の詳細】
純正では高速域での安定感はあるものの低速から細かな突き上げ感があり、
荒れた路面でのバタツキがみられた。かなりアバウトではありますが突き上げ感を
解消していただきフラットな乗り心地にしたいと依頼させていただきました。
また車庫入庫の問題にてダウン量を1.5センチくらいにしたいと相談しました。

【装着後の感想】
作っていただいたサスは大満足で毎日車に乗るのが楽しみです。
純正では路面のうねりや荒れた場面で小さな突き上げがありましたがかなり解消されていました。
また左右に身体がふられる事がほんと少なくなった感じです。
路面の状況は良くわかるのにとても車体が安定しているというか、路面を離さない感じです。
カーブでもロールがおさえられている感じで安定してカーブすることができています。
高速走行でもさらにフラットな感じでたまらないですね。
今は純正のポテンザですが他のタイヤでどのようになるか楽しみです。
正確にははかっていないためあれですが車高は馴染んで若干下がりました。
車庫入れも問題なくできています。(*^^*)
ダウン量など細かいところまで丁寧に相談にのってくださりコムドライブの
スタッフの皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。
2013.06.26 Wed
photo

■お名前
柏崎 翔太郎 さま

■装着車両
トヨタ MR-S

■車両型式
GH-ZZW30改

■バケットシート仕様
エクストラディープ/ハイクッション/ブルー

【購入のきっかけ】
既製品にはない特別感とブランドによって得られる、見栄、所有欲を満たすため
山野さん他、知人友人が格好良く使っているのを見たら真似したくなってしまった!

【装着後の感想】
純正シートからフルバケットに交換した時の包まれる感動がもう一度感じられます。
交換前のフルバケでスポーツ走行すると背中にアザができていました。
私の背骨の曲線とシートの曲線が合致せず、一部分に集中した負荷がかかる為だと思います。
exmotionバケットシートに変更してからは、いまのところアザはできていません。
また、肩・腕・背中・横っ腹・尻横・太ももに車との一体感が増しました。
これで何秒速くなるかは私次第ですねっ!
TOYOTA    Top↑
2013.06.26 Wed
photo

■お名前
Toshishige さま

■装着車両
スバル インプレッサ WRX STI

■車両型式
GRB 2010年式

■バケットシート仕様
エクストラディープ/ハイクッション/スエードブラック

【購入のきっかけ】
購入前に、試作品を座らせていただいて、今まで感じたことのない
サイドサポート・クッション性に驚きました。

【装着後の感想】
実際に取り付けて座ってみて、視点も変わり、かなり硬派な印象に変わりました。
と言いつつも、座り心地は以前のシートよりも良いのです。EXGELの恩恵もある
と思うのですが、力が加わる所がしっかりと受け止めてくれていて、疲れにくい。
街乗りやサーキット走行でも統一して言えることが、安心感があるなと感じました。
ドライバーの運転に集中できるシートです。
SUBARU    Top↑
2013.06.17 Mon
Photo
■お名前
小泉 孝和 さま

■装着車両
TOYOTA 86

■車両型式
ZN6 平成24年式

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE Spec C-A/アスリーツオレンジ スペックC-A

■サスペンション仕様
フロント/リア:全長調整式、減衰調整式、ノーマルアッパー

【購入のきっかけ】
「86&BRZカスタマイズのすべて」を読んで、県内にショップがあり、また、BRZを良く熟知している山野さんが開発者だったので購入を決めました。

【装着後の感想】
減衰を調整すると街乗りでの乗り心地も良く、また、堅くすると良く曲がる車になり、
乗りやすくなりました。ハンドリングクラブで走行した際も良く曲がりました。
山野さん本人も良く曲がる車だと申しておりました。ちょっと高価ですが、購入して良かったです。
また、6月9日にエクスモーションのスペックAが装着されているプロジェクトμの86デモカーに
試乗する機会があり、こっちも良かったです。自分もスペックAを購入すれば良かったかなとも思いました。
TOYOTA    Top↑
2013.06.17 Mon
Photo

■お名前
tatatatatake さま

■装着車両
ホンダ S2000

■車両型式
AP1-200 H17年式

■バケットシート仕様
エクストラディープ/ハイクッション/ブラック

【購入のきっかけ】
試座・試乗してみてexmotionバケットシート以外は考えられませんでした。

【装着後の感想】
exmotionバケットシートはホールド感抜群で、まさに包まれている感じです。
持病の腰痛を軽減するため、普段乗りでもバケットシートを必須とする私ですが、
とにかくexmotionバケットシートはドライブ中の身体への負担が少ない気がします。
ホールドが良く、身体に余計な力が入らないことがその理由でしょうか?
サーキットで周回を重ねると、次第に心地よくなってくる感覚は、
exmotionバケットシートを装着して初めて感じたものです。
NARROWを装着したS2000を試乗して、購入はEXTRA DEEPにしましたが、
装着当初はEXTRA DEEPの着座位置が高い気がしました。
ところが、クッションが馴染むのか?今は狙いどおりの着座位置になっています。
自分に合ったシートを購入するためにも、EXTRA DEEP、NARROW、WIDEと
それぞれのタイプを試座・試乗することをオススメします。
私は足が短いので、サーキットではシートレールを一番前の位置まで引き出しますが、
EXTRA DEEPはサイドサポートが長いためセンターコンソールに接触します。
ですが、サイドサポートを手で押さえながら、シートレールを前方へ引き出すことで、
一番前の位置まで引き出すことができ、ベストポジションにセットすることができています。
シートは一度購入すると簡単に買い換えられるものではないので、
選択はとても悩むところですが、これほど満足できるフルバケは初めてです。
HONDA    Top↑
2012.11.12 Mon
photo

■お名前
田村 英樹 さま

■装着車両
スバル BRZ

■車両型式
DBA-ZC6

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE Spec A/アスリーツオレンジ スペック A 

■サスペンション仕様
ジムカーナPN2クラス対応仕様
フロント/リア:全長調整式、減衰調整式、ノーマルアッパー

【購入のきっかけ】
全くの新型車ですが、BRZのサスペンションをどこよりも早く実践投入して得られたセッティングのノウハウに期待しました。

【装着後の感想】
しなやかな乗り味でしっかりとしたダンピングが得られ、期待通りのノーマルのフィーリングに似たとても乗りやすい脚です。また、今のところセッティング変更をしなくても思ったように車が動いてくれます。その後LSDも装着しましたが、クルマが不安定な状況になったときでもより一層トラクションがしっかりとかかり、前に進むようになりました。
SUBARU    Top↑
2012.11.06 Tue
photo

■お名前
T.N さま

■装着車両
ホンダ S2000

■車両型式
2008年式 TypeS

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE/アスリーツオレンジ

■サスペンション仕様
フロント/リア:全長調整式、ハイパコスプリング、ノーマルアッパー

【購入のきっかけ】
ノーマルの足を4年乗りステップアップとしてサスの交換をしたいと考えていました。交換するに当たり、アンダーステアの傾向からニュートラルステア方向に車の性格を変えたいと考え、ハンドリングクラブで何度もアドバイスをいただいている山野さんのセッティングした足なら間違いないと思いCOMDRIVEで相談させていただきました。

【装着後の感想】
いままでよりも明らかにグリップが上がっており、ステアリング操作に対するリニア感も向上しました。またノーマルサスの時に苦労していたアンダー傾向から狙い通りニュートラルな挙動に変わり狙い通りになりとても満足しています。通常の使い勝手もノーマルに比べれば硬くなっていますが角が取れたような硬さでスプリングレートから想像するよりもずっと乗りやすいです。普段立体駐車場を使うため事前に相談させていただいて高めの車高のセッティングにしてもらったため普段使いでは全く問題ありませんでした。
HONDA    Top↑
2012.09.21 Fri
photo

■お名前
松本 悟 さま

■装着車両
ホンダ シビック タイプR

■車両型式
ABA-FD2 

■サスペンションタイプ
ATHLETE'S ORANGE "PHASER"/アスリーツオレンジ フェイザー

■サスペンション仕様
ジムカーナPN2クラス対応仕様
フロント:全長調整式、ハイキャンバーブラケット、ノーマルアッパー、ハイパコスプリング
リア:全長調整式、スプリングアジャスター、ノーマルアッパー、スイフトスプリング

【購入のきっかけ】
FD2のFrホイールリム幅を稼ごうとしたときに、足回りレイアウトの都合で狙いのキャンバーが付けられなかったので、サスペンション側でなんとかできないかと考え、 コムドライブに相談に行きました。仕様設定について大山メカニックに親身に相談に乗って頂き、色々な提案をしてくれたので方向性が固まり、購入を決めました。

【装着後の感想】
縁石乗り上げ時に車がバタ付かない、立ち上がり時のポヨポヨが出ない。縁石を乗せに行けるので、走行ラインが楽になり、タイムアップにも大きく貢献してくれています。現在装着しているLSDとのマッチングもよく、サイドターン立ち上がり、高速コーナーのアクセルON時のリアのスライドがコントロールしやすく、車の向きが変えやすい。WET路面においては、減衰調整による設定の変化代が広いのか、車両の挙動もマイルドに変えられて乗りやすい。
HONDA    Top↑
2012.09.21 Fri
photo

■お名前
濱田 洋昭 さま

■装着車両
ホンダ シビック タイプR

■車両型式
FD2 2007年式

■バケットシート仕様
ナローボディ/ハイクッション/ブラック

【購入のきっかけ】
ツインリンク茂木で開催されたFDシビック全国オフで試座させていただいたのがきっかけです。

【装着後の感想】
ジムカーナでのコーナリング中のホールド性はもちろん高速道路の長距離移動でも腰痛がなくなりました。表皮がボロボロのバケットシートを見ていて、自分のものもすぐそうなるのではないかと心配していましたが、2年経った今でも破れなどは無くきれいなままです。
HONDA    Top↑
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。